スピンドル組立・オーバーホール

牧田技研ではあらゆる検証結果をもとにベアリングを交換することで再使用を可能にします。スピンドルの不具合の多くは、異音・発熱・主軸の振れが主な原因で加工精度が低下します。加工精度は製品の出来不出来に関わる重要なポイントであり会社としての信頼にもつながります。

​機械はメンテナンスを施せば、精度は復活します。気になる点等がございましたらお気軽にお問い合わせください。

マシニングテーパー研磨・スピンドルオーバーホール

〒438-0806静岡県磐田市東名 431-2[休業日]毎月15日・23日

©2021  Makitagiken HC ALL RIGHT RESERVED